2017年8月15日火曜日

夏の終わりが近づいて



(1)
お盆休み。僕は5日間、彼女は3日間でした。
二日は家でのんびりしたのち、最終日は千歳の実家へ遊びに行きました。
小雨のなか、日中は支笏湖を経由。
ヒメマスの刺身(今年は冷凍?)をいただき、樽前山の途中まで歩く(次は登ろう)。

実家では室内ジンギスカン、メロンごちそうになり、花火をして遊びました。
手持ち花火はいくつになってもわくわくするな。
打ち上げ花火も見に行けず、浴衣も結局着るのを忘れたけれど、
連休中に夏らしい思い出をつくることができました。
ありがとう。


(2)
さて、僕のお盆休み、残りの二日間はひとりで動いていました。
初日は大通に出て本屋めぐりをしたり、部屋にかける写真の額を買ってきたり。
最後の今日は区内で買い物と家事をして過ごしました。
時間に追われない過ごし方のおかげで、自分らしさを取り戻せたように思います。

土日も当番があるので、気持ちがまったく抜ける連休はまれでした。
現在、仕事中は全く他の人のために生きている時間です。

その行動パターンと、僕自身の今の心持ちが噛み合わないのでした。
営業の仕事も、取引先と会社の駒となるもので、振り回されているように感じます。
ありがたいこととは思いつつも、本心ではもっと自由にさせて欲しいんですね。
仕事に求められる性質に合わせるのではなく、自分の性向を活かして働きたい。

ある意味、自分に正直になったということかと思います。
世の中と自分自身とをうまくすり合わせることができなかった頃の悪癖で、
他人の期待のために動くことが染み付いてしまっていました。
そこを抜け出そうということです。
一人の人間として、人生を自分で楽しみたいということです。

自分に期待と希望をもって、今は胸にある思いに向かって、努力していこう。




2017年7月22日土曜日

引っ越しました



(1)
ちょうど約1ヶ月まえ6月の終わりに、同棲のため千歳市から札幌市へと引っ越しました。
ばたばたとした準備、片付けが一段落して、いまは新居での日常のようなものが見え始めました。
近所には川が流れて小鳥の姿もあり、これまでよりも都会ながらも、心落ち着くところです。
楽しく暮らしていけそうです。


(2)
夏の涼しさを感じるおやつ、牛乳かんをつくりました。
キウイともも缶をまぜて、ほのかに甘くわりと酸っぱい、爽やかな仕上がり。
次は赤色入れて華やかにしたいなど打ち合わせながら。

ちょっとしたものを作ることも、日々の楽しさ、達成感、なにかわからない自信につながっている不思議を感じます。
やっぱり好きだということなんでしょうか。



2017年6月10日土曜日

日記



(1)
あっと言うまに六月、木々も緑にもさもさしてきました。
スズメのちびっこたちが無事生まれ、現在庭に4羽ほどできています。
羽を震わせておねだりする様子、どこかぽてぽてとぎこちなく歩くところも可愛いです。

2017年5月6日土曜日

日記











(1)
4月中は仕事が忙しすぎて、イライラの多い日々でした。
一日無理やり有給休暇をとってリフレッシュ。何も考えず散歩。
ちょうど顔を出していたエゾエンゴサクが綺麗だったな。
そんな時に、最近のいろいろを反芻して新たな見方に気づくこともある。
そういった意味でも休暇をきっちり取ることは大事と思う。

(2)
今は5月GW連休中。
お付き合いしている彼女のご家族たちとご飯を食べてあたたかさを感じたり
数年ぶりに再会した大学時代の友人が元気に暮らしてて、結婚の報告に喜んだり
職場の人と野球の朝練、これまでより心地よく感じたり
など
過去と今と未来が自然と繋がっていきそうな感覚。
うまく言えないけれど、今まで生き延びてることがどこか感慨深いものに思えました。

(3)
ぼんやりとしているときは、次のステップのことがよく頭に浮かぶ。
自分の思いを表現して認められたいのは、誰でも同じだよな。
ただシニカルに諦めたふりをするのは、しこりが残るから、僕はまだ迷い続ける。
今年は30歳になる節目の一年。今のうちにできることをやりたい。
40代になっても、他にやりやすくなることが出てくるだろうけど…

恋人、友人、家族、仕事、いろんな人たちとの関わりを自然にできる、と自信を持つようになって、自分が変化していることが嬉しい。
物の本によると、自分について考えすぎないというのが健康な精神らしい。
確かに実感する…僕はまだもうちょいかかりそうだけど、何かが見えてきたような気がする。

これからは内面的なひとりごと以外の書き方でも、日々の出来事を表せるようになるといいな。


2017年3月19日日曜日

日記







(1)
3月になりました。雪もだいぶ溶けて、暖かな日差しを感じます。
もう、春が来たと呟いても、期待は外れないと思う。
会社の前にハクセキレイがやってきたし、ふきのとうが出ていたとの報告もあり。

(2)
oto to tabi という音楽のイベントに行って来ました。
ゆきんこステージの成山さんと、not wonk、祭太郎が楽しかったな。
来場者がおしゃれな感じ、女性率高かった気がする。
体力切れて最後のサニーデイ・サービスまで残れなかったのは悔しいけど、
おかげで渋滞せずに帰れたからよかったのかも。

しかし、地元の飲み屋で買った前売りチケット、まさかの1番というのが、もっとも驚いたところでした。
ほぼ直前、しかも千歳で買ったんだよなあ。
嬉しい誤算でした。

(3)
商業印刷の会社って年度末すごく忙しいですね。やってもやっても仕事が終わらない。
掻き入れどきなのでみんなで頑張っています。
せわしく働いていた書店員時代を思い出す。
ということは、いつのまにか、心は平常運転してるんだな。

また、休日に遊んだり話すことで、ちゃんとリフレッシュできていることを、
ぼんやり感じています。安心できる生活です。
それでも欲しい自分だけの時間も別なところ、読書や料理に見つけたり。
かぼちゃの塩煮おいしいな。




2017年2月4日土曜日

日記











(1)
はやいもので2月になりました。
あと2ヶ月で今の仕事に就いて2年目を迎えます。
おおよそは、覚えることがたくさん、引き継ぎにあたふた、で過ぎていった1年間でした。
来年は自分で数字を立てて行動するようになるとのことなので…どうなることやらですが、自分なりの考えと会社の考えとうまくあっていくといいなあ。

これまで1日・翌日・1週間・1月とだんだん先を見れるようにはなってきましたが、
先輩方はいつも年間を見越した仕事の入れ方をしているんですよね。
会社の休日表だって1年間、年初めには決まっているし。
計画性と勘で、無理なく人間らしい仕事をしましょう。

プライベートも状況がよくなり、なんだか普通に過ごせるようになったから、色々欲が出てきました。
しかしまずは、日々健康に過ごしていることにひとつの満足を覚えながら、次の目標に向かっていきたいです。

あ、整理整頓、自分なりに続けています。
大きい手帳と整頓ボックスが良い感じで、机がひろびろ。


(2)
普通に安心して楽しむ気持ちを、そろそろひきだしから取り出して…身につけてもいいのかな。
まだちょっと勇気が出ないですね。


2017年1月3日火曜日

日記





(1)
いつしか年が明けて、2017年になっていました。
写真は元日のウトナイ湖初日の出(見れなかったけど)、車道中。

ちかごろは嬉しい忙しさでいっぱいです。
うまく追いつけないことを申し訳なく思うこともあるけれど、なんとかなる、なんとかすると思って仕事に暮らしに精を出していきたいです。
自分なりに生きていることで、いいことにも悲しいことにも巡り会ってしまいますが、他でもない自分のスタンスを忘れずにやっていけば無理にはならない。
もうすこしのびのびと気持ちを変えていこうとしています。

新年の目標は整理整頓。いつまでできるやら?